忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【求人が無い】誰にも話せない男性保育士のホンネその1

男性保育士にだって悩みはあるんです!

保育現場に浸透しつつある男性保育士ですが、元々「女性の職場」といわれる保育現場に入っていくわけですから、男性ならではの悩みがあるものです。

そのひとつが、職場環境です。
他業種の友人などからは、「周りに女性の先生がたくさんいて羨ましい!」とか、「綺麗なママと接するんでしょ?」と冷やかし半分にからかわれることもあります。

とはいえ、実際に保育現場のなかにいるわたしにとってみれば、男性が少ない職場環境であることそのものが、悩みの原因になっていました。

男性保育士が抱える悩みは

あまりイメージがつきにくい方であれば、次のように想像してみてはどうでしょうか。

たとえば、男性のあなたが「女子大に学生として1年間通学することになった」と仮定してみましょう。
最初の印象としては「うれしい!」と素直に喜ぶ方もいるかもしれませんね。

しかし、1日だけ潜り込むわけでなく、1年間ずっとそれが続くのです。
周りはすべて女性です。

おそらく多くの男性が、肩身の狭い思いをして教室で授業を受けるイメージに、明るい学生生活を思い描くことができないはずです。

ちなみに、私も実際にそのような経験をしましたが、おそらくほとんどの男性保育士が同じような経験をしていると思います。

実際に保育士として現場に入ったときには、ただでさえ新人なので職場に不慣れで緊張しているうえに、「男性がひとりしかいない→味方がいない」という不安を強く感じていました。こちらの予想は残念な形で的中しました。

就職しても肩身が狭い思いをするときも

保育士としてデビューしたころは、女性の保育士のなかでも年齢の近い保育士ほど、一緒に仕事をしていてぎこちなくなってしまう感じがありました。

(もっとも、女性の保育士としても、男性保育士の部下を従えて一緒に働くということは想定していなかったことです。そのため、やりにくさを感じるのは当然のことだと理解できます。逆に、ある程度年齢を重ねた女性の保育士は、はじめからとても親切に接してくれることが多かったように思います。)

悩みがあるときの相談にもルールが必要

どの職業についても、仕事上の悩みは尽きないことでしょう。

仕事で感じる悩みは、職場内の同僚などに話す方が、すぐに理解してもらいやすいことがあるのではないでしょうか。

一般企業に勤めている男性の方であれば、「ちょっと聞いてほしい話があるんだけど…」といって、帰りに食事などをしながら仕事上の相談もできることでしょう。
しかし、男性保育士は、それが簡単にできないのです。

女性の先生と2人きりで、仕事帰りに食事しながら相談…、となるとあらぬ噂が職場内に広まってしまい、一気に職場に居難くなるはずです。

また、受け持っているクラスの保護者の方の顔は当然覚えていますが、他のクラスの保護者の方すべての顔を覚えられるわけではありません。
そのため、私が覚えていなくても、他のクラスに子どもを預けている保護者の方からすれば、「珍しい男性保育士」ということで、こちらの顔を覚えていることが意外にも多いのです。

実際に、私も帰宅途中でコンビニに寄ったときに、「あら先生、こんばんは!」と名前も顔も思い出せない保護者の方から挨拶されたこともありました。
つまり、意識していない場面であっても、こちらが覚えていない保護者の方から常に見られている可能性があるということです。

そのため、仕事上の移動などではもちろん、たとえプライベートであっても、外出するときには気を抜かないように意識的に気をつけることが重要になります。

ちなみに、私はどうしても職場の同僚と相談が必要になった場合は、1対1をつくらないように配慮し、必ず外では数名の同僚と合うようにセルフルールを決めて守っています。

意外に苦労の多い男性保育士

ここまでご紹介してきた話から、羨ましいと思われることが多い男性保育士の仕事が、意外にも大変だということをイメージしていただけたのではないでしょうか。

そもそも、保育士求人の絶対数が少なすぎるんです!男性向けの。。。。。。。。。


「誰にも話せない男性保育士のホンネ2」では、男性保育士だったからこそ遭遇した、実際の保育現場で起こった出来事をご紹介していきます。
PR