忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【求人が少ないのに】男性保育士を保育園から追い出す「偏見」

子どもが大好きだから保育士を目指し、真摯に園児たちと向き合っている男性保育士たちにとってみれば、「幼児性愛」だと見られることは「性差別」以外の何物でもありません。

国家資格の専門職として、保育士と同じく子どもたちを診察する小児科医には、保護者からのクレームが上がることがまずありえません。
それだけ、男性が保育士をすることへの固定観念が浮き彫りになっている状況なのです。

保護者から見る男性保育士

一方、保護者はこの問題について、どのように考えているのでしょうか。
ネット上でよく見かける意見として、「理解できる」という保護者の立場を示すものがありますう。

ママたちが多く集う掲示板サイトに注目すると、「男性差別は悪いと頭ではわかっている」という意見もありますが、
「やっぱり自分の子どものことになると…」
「ないとは思いたいけど、性犯罪に巻き込まれるようなことがあったと想像してしまい、不安に思う」
「本音をいえば、男性保育士のクラスはイヤだ」
という声が少なくありません。

また、2015年6月、宮崎市で30代の男性保育士が、午睡中の当時5歳の女児に対して下半身に触るなどのわいせつ行為で逮捕された事件がありました。

当時のママ向け掲示板では、「だから、男性保育士は信用しちゃダメだって!」、「男性保育士がいる保育園には絶対に預けたくない」、「男性保育士が一人になるような状況をつくってほしくない」というような書き込みが大勢を占めていました。

同様の事件は、それほど数は多くありませんが、過去にも起こっていたため、どうしても女の子をもつ保護者としては、男性保育士への不信感が「偏見」へと結びついてしまう傾向があるようです。

保育園関係者も悩む「偏見問題」

男性保育士への偏見は、保護者にとって感情的な問題にもかかわるため、正論だけでは片づけることが難しい問題です。

とはいえ、保育士不足の根本的な解消を考えると、男性の力がさらに求められていくことは事実でもあります。女性の社会進出が進み、女性に対する職業差別への社会的な視線は穏やかなものになりつつあります。

しかし、男性への差別は、女性への差別の陰に隠れてしまっているのです。
感情的な問題ゆえに、メディアなどでも取り上げにくい問題です。

そのため、この現状が男性保育士への差別や偏見になっているといった意識が保護者に浸透しにくくなっています。

賃金が低く、さらにいわれのない「幼児性愛」疑惑の目まで向けられるとなると、積極的に男性が保育業界へと進出しようとは思わないはずです。
これが保育業界に男性がさらに参入していくために、今後の課題として立ちはだかることでしょう。

まずは「偏見がある」ということを知ってほしい

待機児童問題は、保育園を増やしてほしい、保育士の待遇を改善した方がいいというだけでは解決することは難しいものです。

保育士不足解消への切り札ともいうべき男性の保育業界の参入問題に対して、少しでも男性保育士が抱える「幼児性愛」への偏見や差別に対して、保護者の意識が向いてほしいものです。
PR