忍者ブログ

【求人が少ないのに】男性保育士を保育園から追い出す「偏見」

子どもが大好きだから保育士を目指し、真摯に園児たちと向き合っている男性保育士たちにとってみれば、「幼児性愛」だと見られることは「性差別」以外の何物でもありません。

国家資格の専門職として、保育士と同じく子どもたちを診察する小児科医には、保護者からのクレームが上がることがまずありえません。
それだけ、男性が保育士をすることへの固定観念が浮き彫りになっている状況なのです。

保護者から見る男性保育士

一方、保護者はこの問題について、どのように考えているのでしょうか。
ネット上でよく見かける意見として、「理解できる」という保護者の立場を示すものがありますう。

ママたちが多く集う掲示板サイトに注目すると、「男性差別は悪いと頭ではわかっている」という意見もありますが、
「やっぱり自分の子どものことになると…」
「ないとは思いたいけど、性犯罪に巻き込まれるようなことがあったと想像してしまい、不安に思う」
「本音をいえば、男性保育士のクラスはイヤだ」
という声が少なくありません。

また、2015年6月、宮崎市で30代の男性保育士が、午睡中の当時5歳の女児に対して下半身に触るなどのわいせつ行為で逮捕された事件がありました。

当時のママ向け掲示板では、「だから、男性保育士は信用しちゃダメだって!」、「男性保育士がいる保育園には絶対に預けたくない」、「男性保育士が一人になるような状況をつくってほしくない」というような書き込みが大勢を占めていました。

同様の事件は、それほど数は多くありませんが、過去にも起こっていたため、どうしても女の子をもつ保護者としては、男性保育士への不信感が「偏見」へと結びついてしまう傾向があるようです。

保育園関係者も悩む「偏見問題」

男性保育士への偏見は、保護者にとって感情的な問題にもかかわるため、正論だけでは片づけることが難しい問題です。

とはいえ、保育士不足の根本的な解消を考えると、男性の力がさらに求められていくことは事実でもあります。女性の社会進出が進み、女性に対する職業差別への社会的な視線は穏やかなものになりつつあります。

しかし、男性への差別は、女性への差別の陰に隠れてしまっているのです。
感情的な問題ゆえに、メディアなどでも取り上げにくい問題です。

そのため、この現状が男性保育士への差別や偏見になっているといった意識が保護者に浸透しにくくなっています。

賃金が低く、さらにいわれのない「幼児性愛」疑惑の目まで向けられるとなると、積極的に男性が保育業界へと進出しようとは思わないはずです。
これが保育業界に男性がさらに参入していくために、今後の課題として立ちはだかることでしょう。

まずは「偏見がある」ということを知ってほしい

待機児童問題は、保育園を増やしてほしい、保育士の待遇を改善した方がいいというだけでは解決することは難しいものです。

保育士不足解消への切り札ともいうべき男性の保育業界の参入問題に対して、少しでも男性保育士が抱える「幼児性愛」への偏見や差別に対して、保護者の意識が向いてほしいものです。
PR

【求人が無い】誰にも話せない男性保育士のホンネその1

男性保育士にだって悩みはあるんです!

保育現場に浸透しつつある男性保育士ですが、元々「女性の職場」といわれる保育現場に入っていくわけですから、男性ならではの悩みがあるものです。

そのひとつが、職場環境です。
他業種の友人などからは、「周りに女性の先生がたくさんいて羨ましい!」とか、「綺麗なママと接するんでしょ?」と冷やかし半分にからかわれることもあります。

とはいえ、実際に保育現場のなかにいるわたしにとってみれば、男性が少ない職場環境であることそのものが、悩みの原因になっていました。

男性保育士が抱える悩みは

あまりイメージがつきにくい方であれば、次のように想像してみてはどうでしょうか。

たとえば、男性のあなたが「女子大に学生として1年間通学することになった」と仮定してみましょう。
最初の印象としては「うれしい!」と素直に喜ぶ方もいるかもしれませんね。

しかし、1日だけ潜り込むわけでなく、1年間ずっとそれが続くのです。
周りはすべて女性です。

おそらく多くの男性が、肩身の狭い思いをして教室で授業を受けるイメージに、明るい学生生活を思い描くことができないはずです。

ちなみに、私も実際にそのような経験をしましたが、おそらくほとんどの男性保育士が同じような経験をしていると思います。

実際に保育士として現場に入ったときには、ただでさえ新人なので職場に不慣れで緊張しているうえに、「男性がひとりしかいない→味方がいない」という不安を強く感じていました。こちらの予想は残念な形で的中しました。

就職しても肩身が狭い思いをするときも

保育士としてデビューしたころは、女性の保育士のなかでも年齢の近い保育士ほど、一緒に仕事をしていてぎこちなくなってしまう感じがありました。

(もっとも、女性の保育士としても、男性保育士の部下を従えて一緒に働くということは想定していなかったことです。そのため、やりにくさを感じるのは当然のことだと理解できます。逆に、ある程度年齢を重ねた女性の保育士は、はじめからとても親切に接してくれることが多かったように思います。)

悩みがあるときの相談にもルールが必要

どの職業についても、仕事上の悩みは尽きないことでしょう。

仕事で感じる悩みは、職場内の同僚などに話す方が、すぐに理解してもらいやすいことがあるのではないでしょうか。

一般企業に勤めている男性の方であれば、「ちょっと聞いてほしい話があるんだけど…」といって、帰りに食事などをしながら仕事上の相談もできることでしょう。
しかし、男性保育士は、それが簡単にできないのです。

女性の先生と2人きりで、仕事帰りに食事しながら相談…、となるとあらぬ噂が職場内に広まってしまい、一気に職場に居難くなるはずです。

また、受け持っているクラスの保護者の方の顔は当然覚えていますが、他のクラスの保護者の方すべての顔を覚えられるわけではありません。
そのため、私が覚えていなくても、他のクラスに子どもを預けている保護者の方からすれば、「珍しい男性保育士」ということで、こちらの顔を覚えていることが意外にも多いのです。

実際に、私も帰宅途中でコンビニに寄ったときに、「あら先生、こんばんは!」と名前も顔も思い出せない保護者の方から挨拶されたこともありました。
つまり、意識していない場面であっても、こちらが覚えていない保護者の方から常に見られている可能性があるということです。

そのため、仕事上の移動などではもちろん、たとえプライベートであっても、外出するときには気を抜かないように意識的に気をつけることが重要になります。

ちなみに、私はどうしても職場の同僚と相談が必要になった場合は、1対1をつくらないように配慮し、必ず外では数名の同僚と合うようにセルフルールを決めて守っています。

意外に苦労の多い男性保育士

ここまでご紹介してきた話から、羨ましいと思われることが多い男性保育士の仕事が、意外にも大変だということをイメージしていただけたのではないでしょうか。

そもそも、保育士求人の絶対数が少なすぎるんです!男性向けの。。。。。。。。。


「誰にも話せない男性保育士のホンネ2」では、男性保育士だったからこそ遭遇した、実際の保育現場で起こった出来事をご紹介していきます。