忍者ブログ

【求人無し】30代の男性が保育士を目指すことと年齢

12月14日更新しました!

男性が保育士の割合が増えないのは「年齢」のせい?

保育士不足を受けて、男性の保育士の割合にも注目が集まっています。
しかし、待遇や職場環境とあわせて、男性保育士の割合が増えない理由に「年齢」があるんです。

保育士を目指したいと思っても、この年齢で未経験、しかも男性だと就職先がなかったらどうしよう。。。と悩む男性の方もいるかもしれません。

それでは、これらの問題を現実的に考えて、男性が保育士を目指すうえで「年齢の限界」は何歳になるのでしょうか?

男性が保育士になるには30代が分かれ目?

これはあくまで個人的な意見なのですが、保育士資格を取得したあとに通常の保育園だけを就職希望として考えると、保育士資格を取得するのは20代後半が限界になることでしょう。

このように考える理由は、大きく2つあります。

ひとつは、公立保育園の保育士募集を見てみると、採用年齢に制限があります。その受験資格は、多くのケースで30歳以下となっているためです。

もうひとつは、30歳を超えているにもかかわらず、実務経験がゼロの男性保育士を雇いたいと考える私立の保育施設は非常に限定的だということです。
公立保育園での就職を目指せないということは、この時点で男女平等の選考をしてもらえず、安定した給料をもらえる就職先が就職活動の候補から外れてしまうことが、大きなマイナス要因になりかねないのです。

たとえ、年齢制限を設けていない私立の保育施設であっても、経営者側から出される給料の条件は、新卒の保育士と同等の15~20万円程度になることでしょ う。
さらに、別の業界から転職したため、保育士としての実務経験がゼロということであれば、採用してもらえるまでに非常に困難な道のりが予想できるといえ るのです。

(なお、ここでの話は、あくまで資格取得後の就職先として通常の保育園に限定したケースです。北支資格が必要となる児童福祉施設や養護施設なども就職先の 候補として検討しているケースでは、この限りではありません。)

男性保育士も「志望理由」が大切

これまでご紹介してきたような男性保育士を取り巻く現状を知ってもなお、「保育士を目指したい!」という高い志を持つ男性は多くいると思います。そのような強い意思を持っていることこそ、男性保育士として活躍できる素養でもあるのです。

とはいえ、自分にとってみれば転職ともいえる「保育士」であっても、それなり以上の生活を維持していかなければ、仕事に悪影響が出かねないでしょう。

まずは、自分の日常生活を安定して営める基盤があってこそ、保育士の仕事が充実していくはずです。

それでは、男性保育士としてどのようにキャリアアップしていけばいいのか?取り巻く厳しい現状に対してどのように働いていくのか?については、次の記事で ご紹介します。
PR