忍者ブログ

【希少求人】男性保育士になるメリット・男性保育士を受け入れるメリット

男性保育士の割合が増えた?

男性保育士の先生を、見かけたことはありますか?

かつて保育士は「保母さん」と呼ばれていた時代がありました。
しかし、年々増えてきたのが男性の保育士です。

男性保育士が保育現場で活躍する機会が多くなってきたように思います。

まだまだ珍しい存在ともいえる男性保育士は、保育士全体からみると約5%です。
とはいえ、事実としてここ数年に注目すると、男性の保育士志望者が増加傾向にあるのです。

どうして今、男性保育士が増えつつあるのでしょうか?

男性保育士は転職に有利?

ひとつの要因として、保育士の需要の変化があります。
以前は保育園だけに限られていた保育士の需要が、児童福祉施設などの保育園以外での需要が高まってきたことがあります。

さらに、保育園でも当然だと思いますが、児童福祉施設でもまた、保育士の仕事のなかには力仕事や体力を求められる仕事がおおくあります。

そのことからも、男性保育士に対する現場的な需要が高まってきたのは、必然的なこととも考えられます。

保育園に男性保育士がいるメリットとは?

保育園のなかに男性保育士がいることによって、父親の子育てに良い影響があるという話をよく耳にします。

育児に対して、悩みを相談できる相手が少なくなりがちなのが父親ですが、「保育園に男性保育士がいると、育児の悩みや考え方を相談しやすい」という意見が意外に多く、父親の育児に対する考え方が前向きになる機会が増えます。

また、子どもたちに目を向けてみると、女性保育士だけの保育園よりも、現場に男性保育士がいることによって、良い影響を与えられる機会が増えるといえるでしょう。

職員側に目を向けても、女性しかいない職場よりも男性がいることによって職場全体が活発になり、お互いに刺激を与え合うことができるといわれています。

男性保育士が少ない原因は

男性保育士を志そうとしている方のなかで、最大の壁となるのが「ピアノ」です。
ピアノの演奏を苦手としているため、保育士にはなれないと諦めてしまう方が少なくありません。

けれども、実際の保育現場を見てみると、どの曲でもスムーズにピアノを演奏できる男性保育士は、ほんのわずかしかいないのです。
もちろん、学校の授業や実習の場面では、ピアノ演奏を求められる場面があるのですが、ピアノが苦手だからといってガチガチに緊張しすぎなくても大丈夫です。

男性でも保育士になろう

ご紹介してきたように、子どもたちはもちろん、保育現場からも男性保育士への需要と期待が高まっていることがわかります。
「子どもが大好き!」という男性であれば、ぜひ保育士という魅力の多い職業に目指してみてはいかがでしょうか!
PR