忍者ブログ

【求人数の壁】保育士の「男性」と「女性」の違いとは?

昔は「保母さん」、今では「保育士」

かつては、保育士を「保母さん」と呼んでいた時代がありました。

しかし、保育現場のなかに男性が立つ機会が増えてきたことにより、女性でも男性でも共通して「保育士」と呼ぶようになりました。
大学や短期大学などの保育科に注目すると、近年では約1割の学生が男性となっていることからも、男性の保育士希望者が増えてきたことがわかります。

それでは、保育士として期待される役割には、男性と女性にどのような違いがあるのかについて見ていきましょう。

得意分野に違いがある

子どもたちと接する場面では、男性保育士と女性保育士にはどのような違いがあるのでしょうか。

男性保育士は、外で活発に子どもたちと駆けまわったりダイナミックに動き回ったりすることができます。
逆に女性保育士では、男性保育士には思いつかないような繊細で柔軟な発想から、子どもたちに新鮮な刺激を与えることができるでしょう。

また、行事のなかでも体力を求められる運動会などはもちろん、毎日の活動の中でも年中児 や年長児の元気な男の子を相手にする場面では、男性保育士が率先してグイグイと子どもたちを引っ張ってくれる姿が期待できます。
逆に女性保育士は、多くの男性保育士が得意とはいえない歌やピアノで子どもたちと楽しく活動したり、不安になったりイライラしたりする子どもに対して優しく接して、子どもたちに安心感を与えられることでしょう。

年少の女の子のなかには、大人の男性を苦手にしてしまう子も珍しくないため、女性保育士がそのフォローに入る場面もよく見かけます。
もちろん、はじめは大人の男性を苦手にしている女の子たちも、男性保育士になれることによって一緒に遊ぶ機会が増えてくるのですが、子どもによっては多少時間がかかることも少なくありません。

このように、男性保育士と女性保育士は、保育現場のなかでも作業面などで得意分野の違いがあるのです。

高まる男性保育士への需要

これまで「女性の職場」という先入観が強い保育園にも、男性保育士がどんどん進出しています。
今後は、さらに男性保育士が増えてくることが予想されます。男性保育士が加わることで、さらに保育園も活発になることでしょう。

もちろん、男性保育士がいることによって、子どもたちも多くの良い刺激を受けることができます。そのため、男性保育士の需要は、今まで以上に高まっていくことが期待されます。
PR