忍者ブログ

【求人も少ない】男性保育士が増えない理由

12/13更新しました!

先日の東京都知事選では、大きなテーマのひとつとして「待機児童問題」が議論されたのは記憶に新しいところです。
保育園が不足しているため、それを増設してほしいという要望に応えることが急務となっています。
あわせて、保育士が不足している問題についても、セットで解消していくことが求められます。

男性の保育士、将来は期待できる?

保育士不足を改善する方法として注目を集めているのが、これまで「女性限定の専門職」のという強いイメージがあった保育業界に対して、本格的に男性の参加を期待するというものです。
実際のところ、保育業界に飛び込んだ男性保育士の数は少しずつ増加しています。
とはいえ、保育士全体から見ると、男性保育士の割合はわずか2.8%(内閣府男女共同参画局/2010年)しかありません。

現在、保育士の不足が問題となっており、待遇改善や職場にある問題の改善が進められています。
そうかんがえると、今は給料面で厳しいところがあったり、肩身の狭い思いをしている男性保育士も、将来的に満足して働けるという環境になりそうです。

男性保育士の求人は少ない

男性の保育業界への参入が進みにくい原因として考えられるのが、賃金の低さです。
さらに、女性保育士では多く見られる、結婚を機に転職する「寿退社」が、男性でも目立っているという指摘もあります。

しかし、これらの問題とは別に、公的機関やメディアではあまり触れられることのない「タブー」ともいえる問題が存在しているのです。
それは、主に保護者から向けられる、男性保育士への「幼児性愛疑惑」という偏見です。

「男性保育士のおむつ替えは嫌」はなぜ?

「女の子を預ける保護者のなかには、担当する保育士が男性だと嫌がるケースが比較的多く見られます。
トイレへの誘導、プールなどの着替え、オムツの交換など、保育現場では園児が裸になる場面が多くあります。
そこで男性保育士に受け持ってほしくないというクレームが、女の子を預ける保護者の一部から入るケースがあるのです。

以前、私が勤めていた保育園にも、このような苦情がありました。
まるで保護者から『幼児性愛なのでは…?』と疑われているように感じ、保育のプロとしてのプライドを打ち砕かれた気がしました。

まわりでは、このように保育現場での子どもとのかかわりを制限されたことによって、ショックを受けた男性保育士が退職するに至った事例もあります。

男性保育士のやる気を打ち砕く偏見

このような「幼児性愛」への偏見こそ、保育士になろうとする男性が増えない要因になっているのではないでしょうか」(男性/元保育士) 保育現場での子どもとのかかわりが制限されると、子どもの成長過程をサポートすることができず、信頼関係を十分に築くことができないといった弊害が指摘されています。

また、特定の女児から懐かれることもありますが、周囲から「あの女の子とだけ仲良くしているなんて!」という視点でみられることも多く、園児から向けられる好意にも応えることが難しくなるケースもあるといいます。
PR

【希少求人】男性保育士になるメリット・男性保育士を受け入れるメリット

男性保育士の割合が増えた?

男性保育士の先生を、見かけたことはありますか?

かつて保育士は「保母さん」と呼ばれていた時代がありました。
しかし、年々増えてきたのが男性の保育士です。

男性保育士が保育現場で活躍する機会が多くなってきたように思います。

まだまだ珍しい存在ともいえる男性保育士は、保育士全体からみると約5%です。
とはいえ、事実としてここ数年に注目すると、男性の保育士志望者が増加傾向にあるのです。

どうして今、男性保育士が増えつつあるのでしょうか?

男性保育士は転職に有利?

ひとつの要因として、保育士の需要の変化があります。
以前は保育園だけに限られていた保育士の需要が、児童福祉施設などの保育園以外での需要が高まってきたことがあります。

さらに、保育園でも当然だと思いますが、児童福祉施設でもまた、保育士の仕事のなかには力仕事や体力を求められる仕事がおおくあります。

そのことからも、男性保育士に対する現場的な需要が高まってきたのは、必然的なこととも考えられます。

保育園に男性保育士がいるメリットとは?

保育園のなかに男性保育士がいることによって、父親の子育てに良い影響があるという話をよく耳にします。

育児に対して、悩みを相談できる相手が少なくなりがちなのが父親ですが、「保育園に男性保育士がいると、育児の悩みや考え方を相談しやすい」という意見が意外に多く、父親の育児に対する考え方が前向きになる機会が増えます。

また、子どもたちに目を向けてみると、女性保育士だけの保育園よりも、現場に男性保育士がいることによって、良い影響を与えられる機会が増えるといえるでしょう。

職員側に目を向けても、女性しかいない職場よりも男性がいることによって職場全体が活発になり、お互いに刺激を与え合うことができるといわれています。

男性保育士が少ない原因は

男性保育士を志そうとしている方のなかで、最大の壁となるのが「ピアノ」です。
ピアノの演奏を苦手としているため、保育士にはなれないと諦めてしまう方が少なくありません。

けれども、実際の保育現場を見てみると、どの曲でもスムーズにピアノを演奏できる男性保育士は、ほんのわずかしかいないのです。
もちろん、学校の授業や実習の場面では、ピアノ演奏を求められる場面があるのですが、ピアノが苦手だからといってガチガチに緊張しすぎなくても大丈夫です。

男性でも保育士になろう

ご紹介してきたように、子どもたちはもちろん、保育現場からも男性保育士への需要と期待が高まっていることがわかります。
「子どもが大好き!」という男性であれば、ぜひ保育士という魅力の多い職業に目指してみてはいかがでしょうか!

【求人は少ないけど】ぼくが保育士になった理由

こんにちは。
1記事目ということで、軽く自己紹介でも書いて見ようと思います。


サラリーマン保育士です

社会人になって10年以上たつ僕がちょっと普通のサラリーマンと違うのは、【保育園に勤務している】ということ。



とは言え、この10年で男性保育士もだいぶ増えてきて、「保育士をしています」といっても驚かれることはかなり少なくなりました。

しかし、まだまだ女性がかなりの割合を占める職場。

男性が保育士として働いていると、「やりづらさ」を感じる時がちょこちょこあります。

(おそらく、一緒に働いている同僚の女性の保育士や、保護者の方も思っている事はあると思います。)

もちろん、現場でのやりづらさに加えて、保育士転職サイトを一目見ても、男性保育士の圧倒的な求人数の少なさが壁として立ちはだかります。

このブログで書いていくこと

このブログでは、

そういった「男性が保育士として働くってどうなの?」ということに焦点を当てて、お話ししていこうと思います。

今保育士になろうか迷っている男性諸君。

リアルな現実を、包み隠さずお話しようと思います。もしかしたら気が滅入ってしまうこともあるかもしれません。

確かに保育士って大変だし、男性保育士として嫌な思いをしたこともないわけではないです。
でも、子どもたちの成長っぷりや笑顔をみていると、「またがんばろう」とやる気がわいてくるのも事実です。

やりがいは、とても大きい仕事です。

女性の方は「男性の保育士さんってこんなこと考えてるんだ」というのを知っていただければなと思います。

女性男性問わず、保育士の働く環境がもっと改善されて、保育士を目指したい!と思う人が増えることを願っています。

↓↓↓↓男女問わず、保育の現場の苦しみにもっと詳しくなりたい方はこちらのブログを推奨↓↓↓↓

>>>保育士辞めたい!今すぐ転職だ!求人探そう!と思った時に読むサイト
http://www.suicideoutreach.org/

女性目線で、保育業界の問題について建設的な解決策を提示しています。

【求人数の壁】保育士の「男性」と「女性」の違いとは?

昔は「保母さん」、今では「保育士」

かつては、保育士を「保母さん」と呼んでいた時代がありました。

しかし、保育現場のなかに男性が立つ機会が増えてきたことにより、女性でも男性でも共通して「保育士」と呼ぶようになりました。
大学や短期大学などの保育科に注目すると、近年では約1割の学生が男性となっていることからも、男性の保育士希望者が増えてきたことがわかります。

それでは、保育士として期待される役割には、男性と女性にどのような違いがあるのかについて見ていきましょう。

得意分野に違いがある

子どもたちと接する場面では、男性保育士と女性保育士にはどのような違いがあるのでしょうか。

男性保育士は、外で活発に子どもたちと駆けまわったりダイナミックに動き回ったりすることができます。
逆に女性保育士では、男性保育士には思いつかないような繊細で柔軟な発想から、子どもたちに新鮮な刺激を与えることができるでしょう。

また、行事のなかでも体力を求められる運動会などはもちろん、毎日の活動の中でも年中児 や年長児の元気な男の子を相手にする場面では、男性保育士が率先してグイグイと子どもたちを引っ張ってくれる姿が期待できます。
逆に女性保育士は、多くの男性保育士が得意とはいえない歌やピアノで子どもたちと楽しく活動したり、不安になったりイライラしたりする子どもに対して優しく接して、子どもたちに安心感を与えられることでしょう。

年少の女の子のなかには、大人の男性を苦手にしてしまう子も珍しくないため、女性保育士がそのフォローに入る場面もよく見かけます。
もちろん、はじめは大人の男性を苦手にしている女の子たちも、男性保育士になれることによって一緒に遊ぶ機会が増えてくるのですが、子どもによっては多少時間がかかることも少なくありません。

このように、男性保育士と女性保育士は、保育現場のなかでも作業面などで得意分野の違いがあるのです。

高まる男性保育士への需要

これまで「女性の職場」という先入観が強い保育園にも、男性保育士がどんどん進出しています。
今後は、さらに男性保育士が増えてくることが予想されます。男性保育士が加わることで、さらに保育園も活発になることでしょう。

もちろん、男性保育士がいることによって、子どもたちも多くの良い刺激を受けることができます。そのため、男性保育士の需要は、今まで以上に高まっていくことが期待されます。