忍者ブログ

男性保育士におすすめのエプロンと、その理由

私が初めて就職した保育園では、在園時のほかにも一時保育の子どもたちや、子育て支援センターに初めて来る子どもたちが集まるようなところでした。 小さい子どもにとって、大人の男性はちょっと怖がられることが少なくありません。
もちろん、初めて私と接する子どもたちにも、私を見るなり怖がって後ずさりする子どももいました。

男性も「保育士のエプロン」効果を利用しよう

しかし、エプロンを着用していることが、私を助けてくれたと感じる場面が幾度となくありました。とくに、3歳未満の子どもたちには、エプロンの効果は非常に大きいのです。

ただ、エプロンを着用していれば、それだけで子どもたちに安心感を与えるというわけではありません。
子どもたちに親しみのある キャラクターが描かれているエプロンだと、子どもたちが安心感をもってくれました。
無地のエプロンであっても、キャラクターの顔などが描かれているアップ リケやワッペンを、子どもたちが見やすいところに貼り付けておくだけで、子どもたちが一気に笑顔になってくれるのです。
なかでも「アンパンマン」や「トー マス」のエプロンが、初めての子どもたちからも大人気でした。


男性保育士のエプロンのおすすめは

保育園に送られてくる保育グッズのカタログや、保育士向けインターネット通販で男性保育士向けのエプロンを探す機会が多いのですが、女性向けと比べて圧倒的に種類が足りません。

もちろん、キャラクターがプリントされているエプロンもあるのですが、男性物のエプロンは残念ながら限定的です。

細身で身長があまり高くない私は、まだどうにか女性向けのエプロンを着用することができます。しかし、男性向けのエプロンと比べると、どうしても窮屈に感じてしまいます。で

きれば、男性向けのエプロンで現場にいる方が、私自身も子どもたちと元気に活動することができます。
キャラクターがプリントされているエプロンはもちろん、そもそも男性向けの保育用のエプロンを探しても、まだまだ種類やサイズが豊富とはいえません。

しかし、一般的な無地の男性向けエプロンを購入して、それにキャラクターのアップリケやワッペンを貼り付けるなどして、自分だけのオリジナルエプロンをカスタマイズするのも、きっと面白いのではないでしょうか。

また、デニム生地のエプロンであれば、つかい込み次第で生地に味が出てくるので、男性保育士ならではのちょっとしたオシャレも楽しめそうですね!

エプロンを着用する意味を考えていくと、汚れを防止するなど多くのメリットがあることはいうまでもありません。

男性保育士ももっと「エプロン」しよう

私がエプロンを着用してよかったと感じたのは、これだけではありません。

初めて就職した保育園に、エプロン着用義務があったからこそ、気が付けたエプロンの大きなメリットもたくさんあります。
次回は、エプロンを着用していて感じたメリットをご紹介していきます。
PR